旅は、今いる場所を一歩飛び出して、今の自分から一歩はみ出ること

<島プロジェクト(14)>古民家ついに再生! ひるねこのお披露目会をしました

 

2015年3月29日ついに古民家ひるねこを
関係者、島の方、他の島の方たちにお披露目することができました。

2014年9月も、10月も、11月も、年が明けても、
毎月通った日々がひとつの形としてできあがりました。

その日は、朝から茂浦の平井さんや保さん、山本さんが
旗をあげてくださり
(朝起きたときにはもうあがっていて、手伝えなかった)
晴れ渡る青空のもと、なんとも華やいで賑やかな雰囲気になりました。

DSCF1059

島の方手作りの、「ひるねこ」表札。

DSCF1064

小手島の自治会長、岡田さんからお花が届いていました。
讃岐広島と小手島、手島の3島は、同じ丸亀市広島町。

春、夏には、小手島は源平桃の花が瀬戸内海をのぞむ
丘の斜面に咲き誇り、
手島は真夏に瀬戸内海をバックに
一面のひまわり畑が絨緞のように広がる。

それぞれに、美しい島のシーンがあります。

これからも3島はもちろん、他の島とも仲良くしていただいて、
一緒に面白いことしたいな〜と、思っています!


DSC_0533

手島や小手島、四国から、他の島からと
たくさんの方がいらっしゃって、その前で
斉藤潤さんと私も、ひと言(これが長くなったけれど)
お話させていただきました。

私は感極まって、途中から涙涙で話してしまい、
でもふと下を見たら、去年から島に何度か来てくれている
ゆきちゃんが号泣していた。
「え、なぜユーがなく!?」と笑いが起きて、
こちらの涙はいったん引っ込んでしまった。笑

とにかく、親子ほど歳の離れ、まして東京ー瀬戸内海の島という
離れた距離のある人たちが一緒になって、自分たちの夢にむかって
何かを達成することは、感慨深いものがありました。

スピーチをしながら、みなさんの顔を見ていたら
この1年間で出会った方ばかり。

見知らぬ女子に、常にあたたかく、耳を貸してくださった。

ある時は、島の人たちと喧嘩もして、もう来たくないとも思った。仕事ではないからこそ。
いま、達成の過程に、なみなみならぬ感謝の気持ちが募り
どうお返ししていいのか分からなくなるほど。

IMG_5721

茂浦のみなさんで作ってくださったお料理を
バイキング形式にして、ひるねこでランチをしてもらいました。

DSC_0576

茂浦の竹細工名人、山本のりさんが作った
竹のテーブル&椅子セットがいい感じです。
ここで、朝食や夕飯を食べるのも、粋ですよ〜。

DSCF1002

ゆきちゃんと、旦那のラジは配膳係をしてくれました。
島では、誰ともなく、自分で役割を決めて
ちゃかちゃかと動いている。

IMG_5722

フィジー人のラジは、「故郷を思い出す」と言っていました。
フィジーも多島の国です。島の人たちは、とても優しいと言います。

ちなみに、28日は、「さぬき瀬戸塾」のみなさんが
いらしてくださいました。
香川の10島ほどから主要な人たちが集まって、なんだかすごい。

DSC_0522

お披露目会の日、私が船舶免許を取った、合田マリンのご夫妻もいらしてくれて
赤と白ワインもいただきました。
ありがとうございます。

IMG_5779

「なんだか今日は人が多いにゃあ」

ひるねこの周りには、たくさんのネコが暮らしています。

DSC_0545

島は年間さまざまな行事があって、いつ来ても楽しい。
春夏秋冬、島の装いかわります。

お披露目会の日を今でも懐かしく思います。
あっという間だったけれど、とても濃い日々。
「ひるねこ」の運営は、島の人にすべて委ねました。
はじめから、一ミリもお金のために動いていなかったので、
いまさらお金をもらうつもりもありません。
ただ、夢と希望をもって、勇気を出すこと。
そうすれば、何歳になっても挑戦はできるのかも。
そんなことを日々教えてもらっています。

DSC_0597

さて、いよいよ「ひるねこ」の旅館申請をしなくてはなりません。
素泊まり宿にするつもりです。

関連記事一覧

PAGE TOP