旅は、今いる場所を一歩飛び出して、今の自分から一歩はみ出ること

<島プロジェクト(16)>ひるねこの夜とこねことねこたち

 

古民家ひるねこは、心懐かしくなって
胸がきゅんとして、ほっとして
郷愁を覚えるような小さな集落にある
日当りのよい、あたたかな民家です。

特に日が暮れ始める頃が好き。
最近では、お庭でご飯を食べるのに
とっても良い季節となりました。

L1020792

美味しそうな匂いに呼ばれて、
ネコたちもいそいそと、ひるねこに遊びにくる。

L1020799

ふと前方をみると……
あら、ひるねこでデート中かしら?

ちなみに、背景の古い建物は、タバコの乾燥小屋。
とても珍しいものです。
かつて、島ではタバコをつくり、出荷していました。

L1020790

近寄ったら、白が逃げた。
「おい、デートの邪魔してくれたにゃ……(どうしてくれるんだよぉ)」

ごめんなさい…

L1020794

お庭にネコたちのボス、ちょび太が来て
平井さんの膝で甘え君になっている。

L1020817

でれでれ。
「だって、おれ、いつも皆のボスにゃんだし。たまには甘えたいし」

そしたら平井さん。
「ちょび太は優しいけん。すぐにご飯とられるんや」

(それを皆の前で言わにゃいでくれよ、お父ちゃ〜ん)
と、ちょび太は思い、恥ずかしまぎれに寝たフリ。

L1020840

ところで、最近、ひるねこ兄弟
(平井さんちで生まれたのだけど)が誕生。

なんて名前にしようかな。

L1020751

すくすく育ってね。
君たちに会いに、何度でも島にいくさ〜。

L1020775

大人ネコたちが、チビトリオに興味津々。
みんな優しいです。

L1020764

はやく会いたいなあ〜。

 

関連記事一覧

PAGE TOP