月面の世界、日本の砂漠

伊豆大島 Izuoshima

まるで異世界の大自然に出会う

伊豆諸島のひとつ、地球の悠久なる営みがうみだした、火山の島。

島に広がる、黒々としたスコリアの大地は、まるで月面を思わせる。それは、日本唯一の砂漠である。

だけど枯渇した死の世界ではなくて、地球の内側から沸き上がるエナジーが放出される、生命の海原。

ごろんと横になる。静寂の音が聞こえる。背中に伝わるのは、地球の鼓動。宙から、ぎらりとした太陽が肌をやく。

生きている、生きている。島の鼓動が聞こえてくる。

ここが東京都? 信じられないほど、はるか遠くの異世界に来ている気がする。

  1. 島の魅力
  2. 島猫
  3. アクセス

圧巻の大自然に出会う東京都の離島

島の中央に、古来人が崇めてきた「御神火(ごじんか)」と呼ばれる三原山があります。
60階建てのビルがすっぽり入ってしまう火口は、地球の内側へとつながるへそ。
いまだ噴煙が立ち上り、お鉢めぐりとトレッキングをする来島者は、自然の神秘に畏れを抱きます。
三原山周辺に広がる、溶岩の一種スコリアが堆積してできた黒い平野は、国土地理院が日本で唯一「砂漠」と認めている「裏砂漠」。

ここで、ごろんと横になって、地球の鼓動を聞いてみませんか。

 

 

のほほんとした猫たちのいる島

 

常宿アイランドスターハウスの外にいつく猫たち。いったい、何にゃんいるの?

移住者のオーナーが、空家をDIYしてゲストハウスにした、ぬくもり満点の宿。外野スタッフは猫たちです。

 

 

岡田地区には猫ストリートがあります。あるけど、あるけど、猫がいる。

そのほか、波浮地区や元町地区でも、猫がたくさん。のほほーんとしています。

<行き方>
東海汽船にて
竹芝桟橋(東京)⇔ 大島 ※元町港着(所要時間1時間45分)
横浜桟橋(神奈川)⇔ 大島
熱海港(静岡)⇔ 大島
久里浜(神奈川)⇔ 大島

東海汽船の運行情報
時刻表はこちら

運賃表はこちら

PAGE TOP