旅は、今いる場所を一歩飛び出して、今の自分から一歩はみ出ること

「旅作家・小林希の世界ひとり旅コラム」第4回 「街を彷徨えばこそ、街歩き〜北アフリカ/チュニジア編」 (H.I.S.世界一周旅行デスク企画)

 

H.I.S.で連載中のコラム、4回目は、「街を彷徨えばこそ、街歩き〜北アフリカ/チュニジア編」です。

街歩きも、旅先で一人となると、楽しむよりも緊張したり怖かったりするときがありますよね。
でも大丈夫。街をよく見れば、女性も子供たちも、ちゃんと「そこ」で暮らしています。

そして、「目的」を決めて効率よくまわり、「目的」を果たしたあとの彷徨い歩く街歩きの楽しさをお伝えしたいです。
「あてもなく」という、街歩きこそ、「旅」の楽しさが詰まっていると思うのです。
それも、異国情緒半端ない北アフリカは、彷徨い歩くのがとても面白い国々です。

ぜひ、ご一読ください!

関連記事一覧

PAGE TOP